スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
はじめての方は第1話からどうぞ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユルユル。

Category : そのほか
はじめての方は第1話からどうぞ。

塀の話には続きがあります。

「塗装」です。



床の塗装の意味さえわかっていなかった頃、

同じく、塀を塗装する意味を知る由もありませんでした。


「塀は何を塗るんですか?」と聞かれ、

「え、何か塗ったほうがいいんですか。」

と聞き返した私。


こんな知識の薄さでよく家を買ったなと今でも思いますが。


P1010963.jpg


「木は雨にぬれたりするとどうしても腐ってきますし、

防虫の意味も込めて、何か塗ったほうがいいですよ。」


と教えてもらいました。


そこで勧められたのが、外部用塗装材であるキシラデコール。

聞いたことある人も多いでしょうか。

ハチセの売り物件でも、外部によく使われています。




そこでさっそく、インターネットでキシラデコールを購入。

色は濃い目の茶色、「バリサンダ」。



本当は緑色を勧められたのですが、頭の固い私は

どうにも木が茶色系以外に染められることに抵抗が・・・。

でもよく考えてみれば、世の中には白い家も緑の柵も溢れるようにあるので

ただの偏った先入観だと思うのですが。




さて。

早速キシラデコールと、「防腐剤塗装用」と書かれたペンキのハケを用意。

オスモの時と同じく缶の中身を棒で混ぜ混ぜし、別の容器に少量を移します。


ところが!

入れた瞬間、ジワーッと容器が溶け出しました。

P1010969.jpg

使ったのはエリンギ茸の入っていたプラ容器。

底があっと言う間にフニャフニャに。

P1010968.jpg

そしてペンキを拭いて容器が空になってからも、フニャフニャの加速は止まらず。


最終的にはユルユルのプランプランになって、穴が開いてしまいました。

P1010975.jpg


オスモを塗装した時も、確かキノコのプラ容器を使ったと思うのですが

特に変化はなかったように思います。


外部用の防腐防虫塗装材は、とっても強い材のようです。


スポンサーサイト
プロフィール

NOSTA

Author:NOSTA
京都の不動産会社
株式会社八清のWEB担当です。

リノベーション物件
「nosta&zatta]
のプロジェクトチーム(そんな大層なものでもありませんが・・・)に所属しています。

このブログはnosta&zattaの設計物語の番外編です。
自宅を購入・リノベーションする様子をリアルタイムでご紹介していくことで、少しでも不動産購入を検討されている方の参考になれば、と思ってます。

最新記事
カテゴリ
カウンター
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。