スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
はじめての方は第1話からどうぞ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨の事件。

Category : そのほか
はじめての方は第1話からどうぞ。

晴れているのになんだか湿度の高い日が続きますね。

梅雨に関連する事件が、近日数件起きております。



カビ事件です。

思いもよらぬものに、カビが発生。

素焼きの鉢。



写真はいらないって?

ほら、でも写真がないと伝わりにくいでしょう?

だから小さめに載せておきますね。


大丈夫です。パソコンの画面から胞子は飛ばないです。


2_20110606000838.jpg


鮮明に写ってしまいましたが、実物はもう少し優しい(?)感じです。


びっくりですね、こんなのに生えるんですね。



調べてみると、使った肥料によってはカビが出やすくなるとか。

確かに肥料を撒きました。

白い粒状のものです。



知らなかったんですが、素焼きの鉢って、

水をやったら鉢もしみ込んで濡れるし、

白い肥料をやったら、鉢も白く粉を吹きます。

すごく浸透性が高いみたいです。


なので、水のやりすぎとか(控えめにしているので、多分それはないと思うんですけど)

通気性の悪い場合にカビが発生したりするようです。



確かに通気性は悪いです。

昼間は締め切ってますし、長雨が続きましたので…

よく考えれば近くに川があるので湿度は間違いなく高いはず。



それを考えると、部屋全体、いや家全体が湿っているということですよね。

湿気は家にとってよろしくないです。

カビはおろか、シロアリ発生のもとです。



それから以後、ひとまず雨が降ったらキッチン・洗面の換気扇を

フル稼働することにしました。



いやー、カビ生えてよかった。

素焼き鉢でよかった。




インターネットには、

「カビが生えるということは適度に湿度があるということで、植物とって悪い状態ではない。

むしろカビさえ生えないようなところには、人も植物も生きられません。」

というようなことが書かれていました。

なんて前向きな意見。





現在カビのはえた素焼きの鉢は、外で日光消毒中です。


関連記事

Comment

非公開コメント

プロフィール

NOSTA

Author:NOSTA
京都の不動産会社
株式会社八清のWEB担当です。

リノベーション物件
「nosta&zatta]
のプロジェクトチーム(そんな大層なものでもありませんが・・・)に所属しています。

このブログはnosta&zattaの設計物語の番外編です。
自宅を購入・リノベーションする様子をリアルタイムでご紹介していくことで、少しでも不動産購入を検討されている方の参考になれば、と思ってます。

最新記事
カテゴリ
カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。