スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
はじめての方は第1話からどうぞ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お庭のはなし。

Category : 設計物語
はじめての方は第1話からどうぞ。

お庭の話。

ブログのタイトルにありますが

この家には、大きな木があります。


木の種類は、ネズミモチというのだそうです。


調べてみると、名前の由来は

実がネズミの糞に、

葉がモチノキという木の葉に似ているから・・・。




ネズミのあたり、もっと他になかったのかと

言いたいですが、事実です。




6月頃に甘い匂いの白い花をつける落葉樹で、

ウィキペディアで見ていたら、ハナムグリが集まるとのこと。



どんなかわいい野鳥かしらと思ったら・・・

虫でした。(汗)


しかも幼虫の時は、変な歩き方をする(背中で歩く)そうで・・・。


そのうち庭で遭遇しそうです。





女性の町屋リノベーション3


どこまでが生垣なんだかわかりませんが、生垣です。



防犯面から考えると、柵をするより生垣の方が

進入しにくいとか。

確かに生垣は乗り越えにくいですよね。



女性の町屋リノベーション9

生垣は何の木かわかりません。

わかる方はぜひ情報下さい。



女性の町屋リノベーション8


庭には前所有者さんの大きな荷物が残されています。


恐る恐る開けてみると、木材やら大工仕事に使っていたと

思われる材料が出てきました。


しかも、鉄、木などに分類わけされて。

結構マメな方だったようです。

でも残念ながら再利用はできなさそう。



女性の町屋リノベーション7


庭を暗くしている理由の1つ、竹垣。


竹の根は強いので、切っても切っても出てくるといいますよね。


今回は庭にある納屋の関係で、地中を一部を掘り返しますが

竹とのお付き合いは続きそうな予感です。




敷地の半分を占める、大きな庭。

縁側を設けたり、芝生をしたり、花を植えたり

したいなと思っています。



土いじりは、人の精神を安定させるらしいですよ。

大学で習いました。

だから子供は砂遊びをするそうです。

(幼児教育を専攻していたので。)




庭のイメージは、まだ考え中ですが

こんな感じもいいなと思っています。↓


女性の町屋リノベーション11


もう少しいろいろ置いて賑やかな感じもいいかなと。

縁側もできれば設けたいと思っています。

(サンルームにするか縁側にするか、とても迷ったんですが。)



女性の町屋リノベーション10


こちらは、とある家の庭の水栓。

レトロな感じがとってもかわいらしいと思いませんか?

我が家にも取り入れたいと、植松さんにお願いしてみました。


ちなみに写真左下に見える丸い石は、昔の臼だそうですよ。




色んな家を見るのは参考になります。

リノベーションをお考えの方は、ぜひ色んな家を見て下さいね。

今まで気づかなかった、新しい発見や

色んなこだわりが見えてきて、とても面白いです!




関連記事

Comment

非公開コメント

プロフィール

NOSTA

Author:NOSTA
京都の不動産会社
株式会社八清のWEB担当です。

リノベーション物件
「nosta&zatta]
のプロジェクトチーム(そんな大層なものでもありませんが・・・)に所属しています。

このブログはnosta&zattaの設計物語の番外編です。
自宅を購入・リノベーションする様子をリアルタイムでご紹介していくことで、少しでも不動産購入を検討されている方の参考になれば、と思ってます。

最新記事
カテゴリ
カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。