スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
はじめての方は第1話からどうぞ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想い。

Category : そのほか
はじめての方は第1話からどうぞ。


急に寒くなってきましたね。

手足が冷たいです。

ひたすらお湯の恋しい時期が

今年もやってきてしまいました。



冬は苦手ですが、

この家の冬の朝は、とても気に入っています。

リビングにキラキラと朝日が差し、木漏れ日が陰影を作ります。



冬の終わりから住みはじめ、7か月が経ちますが、

朝のリビングの光の入りかたで季節の移ろいを感じる暮らしが

とてもお気に入りです。



また写真でご紹介できればと思います。




先日、nosta&zattaファームの鹿ケ谷の家で

関係業者様限定の、見学会が行われました。

一緒に家づくりを行う関係業者様とともに、

もっと家づくりについて考えていければ、という思いで

行っているイベントです。(と思います。)



お恥ずかしい話、主催の部署が違うので、

イベントについてあまり詳しくなかったものですから、

参加者目線で「フムフム」と思いながら資料に目を通していました。



そこに、なんと設計者、マウンテンアーキテクツ植松さんのコメントを発見!

そのコメントがすごく素敵なんです。

家に対する想い、考え方。

深いです。何かこみ上げるものがります。

これはぜひ発信すべきだ、と思いますのでここに紹介させていただきます。



植松さん、もしブログ読まれていたら、勝手に掲載してすみません。

・・・・・

春 夏 秋 冬 訪れる時間が待ち遠しくなるような家を目指しています。
具体的にここでは、畑の反対側に暖炉を配置し、
敷地の真ん中にキッチンをレイアウトすることで敷地全体を「家」ととらえています。

装飾は最低限にとどめ、住まわれる方を束縛しないようこころがけています。
暮らしの蓄積こそが、家を色付け、趣きを与えると考えるからです。
これから始まる生活を通じて、より魅力的な家になって行くと。

家が人を選んだり、人が家を選ぶのではなく、
家と人が尊重し合える関係を築く事ができると信じています。

設計:マウンテンアーキテクツ 植松

・・・・・


このコメントは社内でも噂になっていたので

ホームページで紹介させて頂く日が来るかもしれません。


植松さんに作ってもらった我が家は、

いま間違いなく、「春 夏 秋 冬 訪れる時間が待ち遠しくなるような家」であり

私を束縛しないシンプルなデザインで設計されています。






出来上がったばかりのガランとした家。

そこにフィンガーマークスさんの家具が入ることで、

「家に命が吹き込まれた」と感じることがよくあります。

家の魅力が、本当に見違えるほど増します。


でもやっぱり一番魅力的なのは、人の暮らす家、人のいる家、…家にいる人?

人と暮らしをはぐくむのが家だから、「人」と「家」と「暮らし」はワンセットということでしょうか。






家には、設計士さんのほか、大工さん、そのほかいろんな人の想いがこめられています。

その想いをどれだけ感じて、どれだけその魅力を住まい手に伝えてあげられているのか。

私たちWEB作成者の任務は重大だと、日々感じる次第です。




私はいま、4人の別々の設計者さんの家を担当させて頂いています。

それぞれが深い思いのこもった家。

その考え方や個性を出しながら、熱い想いを伝えていけたらと思います。



関連記事

Comment

非公開コメント

プロフィール

NOSTA

Author:NOSTA
京都の不動産会社
株式会社八清のWEB担当です。

リノベーション物件
「nosta&zatta]
のプロジェクトチーム(そんな大層なものでもありませんが・・・)に所属しています。

このブログはnosta&zattaの設計物語の番外編です。
自宅を購入・リノベーションする様子をリアルタイムでご紹介していくことで、少しでも不動産購入を検討されている方の参考になれば、と思ってます。

最新記事
カテゴリ
カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。