スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
はじめての方は第1話からどうぞ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慈しみ

Category : そのほか
はじめての方は第1話からどうぞ。




数日前から、セミが鳴き始めました。

本格的な夏の到来ですね。



前々回紹介したカエルが、どうやら庭の池に住み着いたようで、

ゲロゲロ。ゲロゲロ。

という鳴き声と

ミーーーーンミンミン

というセミの声が、庭から同時に聞こえて、

季節の変わり目なんだなぁーと思ったりします。





初夏の頃、落ち葉に悩んでいたうちの庭ですが、

落ち葉がそろそろ落ち着いてきたな、と思ったある日、

なんだか庭の様子が、変わりました。


「ん?なんかいつもと違う」

IMG_2443.jpg


白いんです。全体が。

なんだか雪が降ったみたい。


IMG_2487.jpg



何が降ってきたんだろう?


空を見上げると、庭のネズミモチの花が満開でした。




IMG_2438.jpg


あまりに高い所で花をつけるので、全く気づきませんでした。



去年は、いつの間にか咲いていて、いつの間にか実をつけていた

ネズミモチの木。



庭の木が花をつけたことにさえ気づけない自分を

残念に感じたのを覚えています。





IMG_2489.jpg



今年はどうして庭に花が落ちてるんだろう?




考えてみると、去年は引っ越し前に庭側に茂っていた葉を散髪をしたため、

庭からは花も実も見えなかったんですね。



今年は庭側に実も期待できそうです。





ssIMG_8857.jpg



自分の身近なところに、植物があるということは

とても豊かなことだと、最近気づき始めました。




それは、癒されるとか、そういったことだけではなくて、

植物を楽しむことから心にゆとりが生まれたり、

季節の巡りを感じたりすること。



ssIMG_8875.jpg





今までも、例えば桜が咲いたと言えば、桜を見にいったり

紅葉の季節にモミジを見に行ったり、

季節になればキンモクセイの香りにウットリしたり

沿道に咲く花に見とれたり

新緑に季節を感じたり。



それなりには楽しんでいましたが

旬が終われば、それで終わっていました。




ssIMG_8859.jpg



今は違います。

花が咲けば、実を付けるということ。

新緑があれば、落ち葉もあるということ。

何もないような場所でも、実は地下で生きてたりすること。



花だけでなく、その前後も感じ取れるようになりました。





ssIMG_8849.jpg



もしかすると、植物を育てている人には当たり前のことなのかもしれませんが、

現代っ子が、切り身の魚が海に泳いでいると思っている(らしい)ように

私も今まで、植物の一部しか見ていなかったんだと思います。(笑)



ssIMG_8876.jpg



いま、ちょっとしたご縁で、岡部伊都子さんの随筆集を読んでいるのですが、

身の回りのちょっとした出来事や物を慈しむ、とても心の豊かで清らかな方で、

そのお話のなかの1つに、花湯というのがありました。



そこに、

「庭に散り落ちてきた椿の花首とか、台所の菜に咲きのこった菜の花とか、

ときには若楓、紅葉の散り葉、さざんかの散り花びらなどを、季節ごとに

お湯に浮かせて、いっしょにはいってもらう」

と記されていました。

(著書「思いこもる品々」より)




sIMG_2540.jpg
(庭に懐かしいオシロイバナが咲きました)



そのほか、いただきものの蠟梅(ろうばい)や、越前岬の水仙なども浮かせるそうです。

(蠟梅はその後、花瓶にさして1か月はもったそうです)

なんて素敵な発想なんでしょう。





残念ながら2008年にお亡くなりになってしまわれたようですが

叶うなら、ぜひ一度お会いしてみたかったです。

写真に残る、優しい笑顔がとても印象的でした。




とあるご縁というのは、岡部さんが以前お住まいになっていた家の

HPをたまたま担当したこと。


岡部さんについて調べていくうちに、戦争の話に心を打たれ、

この随筆集にも興味を持ちました。



広告のつもりはありませんが、販売ページはこちら。


http://www.hachise.jp/baibai/0038.html

※上記は2012年7月現在のもので、リンクが北区の数寄屋のページに飛ばなければ、

またはリンクが切れていたら物件は販売は終了になっています。





興味のある方は、ぜひ随筆集を手に取ってみてくださいね。




関連記事

Comment

非公開コメント

プロフィール

NOSTA

Author:NOSTA
京都の不動産会社
株式会社八清のWEB担当です。

リノベーション物件
「nosta&zatta]
のプロジェクトチーム(そんな大層なものでもありませんが・・・)に所属しています。

このブログはnosta&zattaの設計物語の番外編です。
自宅を購入・リノベーションする様子をリアルタイムでご紹介していくことで、少しでも不動産購入を検討されている方の参考になれば、と思ってます。

最新記事
カテゴリ
カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。