スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
はじめての方は第1話からどうぞ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗黙のルール

Category : そのほか
はじめての方は第1話からどうぞ。




ある日、戸をガラリと開けたら、玄関の前の通路に花壇ができていました。

「んん?」



通路内は、3軒の家が隣り合っていて、

それぞれが家の前を花壇のようにして使っています。




だから私の玄関の前は、暗黙の了解でアライグマ専用の花壇場所。


そこになぜか突然、花壇ができていました。





花壇には紫蘇と、紫色のお花。


sIMG_1363.jpg


よく見ると、紫色の花は、隣の花壇に植えられたものと同じ花でした。


どうやら、私の家の前がいつまで立っても花壇が進まないので

お隣のおばさんが、好意で植えて下さったようなのです。



あらまぁ、いつもいつもお世話になってばかりだなぁ。




と思って眺めていたら、遠くの方から、

「アライグマさーん、紫蘇ー。植えといたしー。食べてねー。」

と隣の隣のおばさん。



どうやら、隣と、隣の隣の、共犯だったようです。(笑)


IMG_0674.jpg
(いただきもののジャスミン)



隣の隣のおばさんは、たまにブログでも紹介するように

アジサイをくれたり、苗をくれたり(既にほとんど枯らしちゃいましたが…)、

色々な植物をわけてくださいます。



アジサイが咲く季節には

「もうすぐ咲くから、咲いたら切って持って行ってね。」


ハーブが育ちざかりの季節には

「伸びすぎて困ってるのよー、パスタに合うから勝手に切って、使ってね。」


と声を掛けて下さいました。


IMG_2639.jpg
(アライグマ家の花壇ではハランが元気。)




とは言え、人の家の花壇にしゃがみ込んで

勝手に植物を切って持ち去るなんて…。


好意で言って下さるのはわかっていても、ちょっと抵抗が。(笑)


と思っていました。



IMG_2633.jpg
(初挑戦。今年は通路でゴーヤを栽培中。)



ところが先日。



玄関をガラリと開けると、庭の水やりをしている

隣の家のおばさんに遭遇。



隣の家のおばさんは、「ついでだから。」と言って

いつも私の家の前にも水を撒いてくださいます。



「一時期バッタにやられてたけど、元気になったわねぇ、紫蘇。」

とおばさん。




紫蘇はどうやらバッタの大好物のようで、

うちの紫蘇も親子バッタの襲撃に合い、絶滅の危機に瀕していました。


sIMG_1799.jpg
(見るも無残な姿…)



「〇〇さん(隣の隣のおばさん)が、こまめに面倒見ておられたおかげかしらねぇ。」

(えっ。そうなの?)


「あ、そうそう。今日お昼の時に、おそばに彩りがなかったから、紫蘇いただいたの。」

(え?そういうシステム?)



sIMG_1807.jpg
(復活した紫蘇)


新たに知ったご近所づきあいのルールにとまどいながら、

ハーブ持って行ってね、と言われた意味がやっとわかって

ちょっとスッキリ。





セミの声が明らかに少なくなりましたね。

もうすぐ9月。



涼しい風にちょっとだけ秋の気配を感じる

アライグマ家通路のお話でした。




関連記事

Comment

非公開コメント

プロフィール

NOSTA

Author:NOSTA
京都の不動産会社
株式会社八清のWEB担当です。

リノベーション物件
「nosta&zatta]
のプロジェクトチーム(そんな大層なものでもありませんが・・・)に所属しています。

このブログはnosta&zattaの設計物語の番外編です。
自宅を購入・リノベーションする様子をリアルタイムでご紹介していくことで、少しでも不動産購入を検討されている方の参考になれば、と思ってます。

最新記事
カテゴリ
カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。