スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
はじめての方は第1話からどうぞ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フローリングの話。

Category : そのほか
はじめての方は第1話からどうぞ。




「アライグマさんの家の床は、なんですか?」

と聞かれることがあります。



答えは、スギでございます。



IMG_5217.jpg


無垢の杉材です。

しかも、予算の都合上、無塗装です。




当初は、住んでから塗る予定でした。

「でも、住んだら、やらないと思いますよ?家具とか大変だし。」

と言われました。


「そうかなぁー、そうだよなぁー」

と思っていましたが。


1年半たって、案の定そのまま住んでいます。(笑)



頑張って、洗面室と、キッチンの足元だけオスモカラーをうすーく塗りました。


IMG_5259.jpg



今なら家具も少ないですし、連休を使って頑張れば、他の部屋も塗れそうですが…

あんまり必要性を感じないので、そのままダラダラと過ごしています。



塗っても、汚れる所は(洗面・キッチン周り)はそれなりに汚れる

塗らなくても、他の部屋はあまり汚れない

キズはしょうがない(正しくは、気にしてもキリがないと思い出している)

というところです。




日焼け具合は、こんな感じです。

1階の大きな窓辺の、カーペットをめくると明らかに色が違います。

IMG_4293.jpg

私は日焼けしている、今の色の方が好きです。


カーペットをのけると、境目の部分は馴染んでくるんでしょうか?

それとも一生このままなんでしょうか?(笑)

それもまた、良し?


あんまり細かいことは気にしません。

(細かいことじゃないかもしれないですけど。笑)



杉と言えば、家の外観の一部も杉材です。


IMG_5248.jpg

この杉の横張り、とても気に入っています。

無駄のない、シャープなデザイン。

見るたびに惚れ惚れします。(笑)



デザインは設計士の植松さん(マウンテンアーキテクツさん)考案、

雨水が浸透しないよう丁寧に施工してくださった大工の今村さんほか、

色んな方の協力で、この外壁は作られました。


壁の、足元か上部に窓をつける案もあったのですが、

都合上(予算上?)なくなりました。



でも、今はつけなくてよかったと思っています。


想像していたよりも通路に通行人が多いですし…

そういう窓にはカーテンがつけられないと思うので。


IMG_4251.jpg



その代わりというのも変ですが、改装中に唯一変更してもらった箇所があります。

リビングの西側に、小さな窓をつけてもらいました。


IMG_3566.jpg



この窓は、この家で唯一西側に設けられた窓で、高い所のあるため

開閉はできませんが、リビングに明かりをもたらしてくれます。


IMG_4248.jpg


住んでから気づいたのですが、夕方のある一定の時間だけ、

この窓がきれいな景色を映し出す瞬間があります。


IMG_4249.jpg


防犯でつけてもらった格子が、思わぬ景色を生み出しました。


IMG_3645.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※工事途中で窓や棚をつけたり、そのほか変更する場合は、追加費用が必要です。

また、工程や工期、そのほか様々な理由でももう変更できない所まできている場合も

ありますし、新たな材料の発注や手間もかかります。

無駄になる材が出る場合もあります。

大工さんは綿密な計算をして家を作っています。

途中で変更するのはできるだけやめましょう!

そして、どうしても気になる場合は、早めに相談しましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



IMG_5255.jpg

アライグマの家は95%が新しい杉の無垢材ですが、1か所だけ違う所があります。

階段です。





何の材でしょう?


木目を見ると、同じく杉のような気がしますが、

色は長年の使用で、黒く艶びかりしています。


誰かが昔塗ったのかな?


IMG_3618.jpg




他の床は、十数年後、どんな色になっているんでしょう?








床選びは迷いますよね、私も相当悩みました。

面積が大きいぶん、家の印象も随分変わりますし、

色を塗れば、また更に変わります。


サンプル材をもらっても、小さすぎて

大きな面積にした時の想像ができないんですよね。




雑誌を見てもあまり詳しく書かれていないし、

インターネットを見ても実際に住んでいる人は写真をあまり載せてくれないので、

床の拡大画像しかない。(笑)



更に1年後、5年後、10年後の床も知りたいのに、

そういう情報ってどこにもない。




ということで、私はさらに5年後、10年後の床を載せていきたいと思います。

それまでどうぞ、ゆっくりとお付き合いくださいませ。




今回は杉の床のお話でした。


関連記事

Comment

非公開コメント

プロフィール

NOSTA

Author:NOSTA
京都の不動産会社
株式会社八清のWEB担当です。

リノベーション物件
「nosta&zatta]
のプロジェクトチーム(そんな大層なものでもありませんが・・・)に所属しています。

このブログはnosta&zattaの設計物語の番外編です。
自宅を購入・リノベーションする様子をリアルタイムでご紹介していくことで、少しでも不動産購入を検討されている方の参考になれば、と思ってます。

最新記事
カテゴリ
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。