スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
はじめての方は第1話からどうぞ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category : そのほか
はじめての方は第1話からどうぞ。



先日インターネットで中古で、古い文庫本を購入しました。

人にお借りしている雑誌のコラム記事に、おすすめとして載っていた本です。



読んで1ページ目でなんとなく違和感を感じました。

青年が旅を通して色々なことを学んでいく西洋文学の本を買ったはずなのに、

内容が仏教的。

しかも主人公の名前が、あらすじに出てくるものと全く違う。




おかしいなぁ。





そのうち2人が出会うのかなぁと思いながら、読み進めること半分。

全く出会う気配がない。




おかしいなぁ。





少し考えて、「?」と思い、

見開きのタイトルと、表紙を見返してみました。





えーー!!






違う。

中身と表紙が違う。(笑)






なんで気づかなかったんだろう…。

何度となく見開きのタイトルを見ていたはずなのに。

(作者は一緒)





でもまぁ、これも何かの縁。

色々面白いので読み進めたいと思います。




なんだか平和ですね。(ハプニングの内容が。)







平和と言えば、何週間か前。



すごく春めいて暖かかった日。



IMGP9261.jpg


たまたまお休みをいただいていたので、観葉植物の日光浴をしました。

久しぶりにたっぷりと水をあげて、陽射しの下へ。


IMGP9260.jpg


冬の間はじっとしてあまり姿を見せない金魚も、気持よさそうに泳いでいました。


IMGP9264.jpg


久しぶりにお布団を干そうと、屋根に出ました。


我が家はバルコニーがなく、お布団は1階の屋根に干すことにしています。




屋根はそれほど掃除をしなくても、雨が降って汚れが流れ落ちたりすることで

それなりにキレイに保たれているのですが、

この時期は、庭のネズミモチの実の殻で屋根がいっぱいです。




鳥がたくさん来ていたので、糞の跡のようなものがチラホラ。


(なので、清潔好きな方はバルコニーを付けられることをお勧めします。)



これではお布団が干せないので、まずホウキで掃いて、雑巾で汚れを拭きます。


IMGP9269.jpg



掃いても掃いても風で舞い戻ってくる殻は途中で諦めて、雑巾で汚れ拭き。


もしかしてこれ、全部鳥が食べた後かな。


IMGP9271.jpg




やっと綺麗になり、お布団を干そうと立ち上がると、頭上から



コツ!

コツ!



何かが落ちてきました。




見ると同じネズミモチの殻。


飛んでる鳥が落としたかな?




見上げても鳥は飛んでいません。





おかしいな。




するとまた



コツ!!


コツ!!



ハッと2階の屋根を見ると、



IMGP9266.jpg



2羽の鳩が私の頭をめがけて、殻を飛ばして来ていました。(笑)





横目で私を見ながら、してやったりな顔で屋根を歩く鳩。



そういえば最近、2羽の鳩が庭のネズミモチの実を拾いに、よくやってきていました。


きっとその鳩です。


もしかすると、近くに住んでいるのかもしれません。



IMGP9215.jpg
(庭の地面。グレーの丸い物体は石のように見えますが、ネズミモチの実が落ちたものです。)



IMGP9268.jpg



鳩夫妻は、その後何度か挑むような態度で攻撃をしかけてきましたが、

追い払うのも大人げなく、お布団を干しはじめると、

諦め顔で去って行きました。





鳩破れたり。







平和な、春のような冬の日でした。
関連記事

Comment

非公開コメント

プロフィール

NOSTA

Author:NOSTA
京都の不動産会社
株式会社八清のWEB担当です。

リノベーション物件
「nosta&zatta]
のプロジェクトチーム(そんな大層なものでもありませんが・・・)に所属しています。

このブログはnosta&zattaの設計物語の番外編です。
自宅を購入・リノベーションする様子をリアルタイムでご紹介していくことで、少しでも不動産購入を検討されている方の参考になれば、と思ってます。

最新記事
カテゴリ
カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。