スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
はじめての方は第1話からどうぞ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法のコラボ。

Category : そのほか
はじめての方は第1話からどうぞ。

今日も暑かったですね。

ニュースを見るたびに猛暑の話題。

もうクーラーなしでは生活できません。



地球はもうだめなんじゃ・・・。

そろそろ他の星への移住計画とかが出るかも?

だとしたら、住宅購入時期を早まったな・・・。

と、ベランダで洗濯物を干しながら、

半ば本気で考えました。



京都・家具・リノベーション4



さて。



お盆に帰省した時、母が

新しいのがいくつかあるから、と

敷布団を1つ持たせてくれました。



じゃぁ古いのは粗大ゴミだな、と思っていたのですが

家に帰ると、意外とまだまだ使えそう。

(毎日寝ているのに、どうして気づかないんだろう。)




そんなこんなで、せめて引越しまでは古いのを使おうと

いうことで、新しい物はしまっておくことにしました。



私は、今ワンルームに住んでいますが

1.5畳ほどのクローゼットが1つ。

予備の敷布団が入る余裕なんて、あるわけないです。



そのクローゼットに、コートやらカバンやら、スノボーやら

掃除機やらぜーんぶ入っているんです。


京都・家具・リノベーション6




我が家には家具がほとんどありません。

だから他に収納しておくところがないんです。


仕方がないので、使わなくなった古いタオルケットとか

もう履かないブーツとかを処分しました。



1人暮らし暦10年。

限られた収納の中で、増えたら捨てる、そういう

当たり前なようで難しい「小ワザ」を身に着けました。




私の話を長々としても面白くないので

そろそろ話を切り替えると、今日の話題は

「皆さん収納はどうしてますか?」ってことです。


前半の布団の話のクダリはここに結びつくわけなんですが。



京都・家具・リノベーション5



今度できる新しい家。

2階のクローゼットをなくして寝室を広くするか

狭い寝室になっても、収納を確保するか。



布団など、見せられない物を収納する箇所があれば、

他の収納は少なめでもいいかな、と思っているんです。

今後は家具を置く生活に変えたいなと思っているので。


京都・家具・リノベーション
NOSTA&ZATTA 吉田山の見える家


実は今まで、家具にはあまり興味がなかったんです。

自分の好みがまだ定まっていないから買いたくない、というのと

部屋の広さも、金銭的な余裕も(家具って高いですもんね。)

なかったんだと思います。


京都・家具・リノベーション2
NOSTA&ZATTA シンプルに暮らす家



最近ハチセでもよく行う、家具を入れた家でのオープンハウス。

ビックリしました。目からウロコとはこのことです。



家に命が宿るとでも言いましょうか。

スケッチブックの鉛筆書きの絵に色が塗られたような、

そんな感じがしました。



京都・家具・リノベーション3
NOSTA&ZATTA 時々の家



家具と家、当たり前のコラボなんですが、

それぞれが主張しすぎず、でも調和して更に

魅力的になるって、それって魔法みたいですよね?



ロマンチックすぎますか?

でもこれは大袈裟じゃないですよ。



みなさんも、家具と家のコラボ

楽しんでみてはいかがでしょうか?




・・・・・・・・・・・・・・・・

写真の家具は、京都の家具工房

フィンガーマークス」さんの家具です。



家具もさることながら、スタッフの皆さんもとても

素敵な方ばかりです。

興味のある方はぜひ足を運んでみてくださいね。





関連記事

Comment

非公開コメント

プロフィール

NOSTA

Author:NOSTA
京都の不動産会社
株式会社八清のWEB担当です。

リノベーション物件
「nosta&zatta]
のプロジェクトチーム(そんな大層なものでもありませんが・・・)に所属しています。

このブログはnosta&zattaの設計物語の番外編です。
自宅を購入・リノベーションする様子をリアルタイムでご紹介していくことで、少しでも不動産購入を検討されている方の参考になれば、と思ってます。

最新記事
カテゴリ
カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。