スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
はじめての方は第1話からどうぞ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェルトのアレ

Category : そのほか
はじめての方は第1話からどうぞ。



暑い日が続きますね。

今年の夏は、欲しい欲しいと思っていた

白いアジサイを、ついに購入しました。


1株では寂しかろうと2株買って、大きな鉢に植えたら

ずいぶんと巨大になりました。


花も終わり、そろそろ地植えの季節。

どこに植えようか思案しています。


IMG_5051.jpg


ご近所の方が育てているアジサイも含め、うちの前の通路に咲いている

アジサイは、これで全7種類。


来年はアンティーク風の色味のアジサイが欲しいな、と今から考え中です。




さて、残暑厳しい夏のまっただ中に、防寒の話つづきです。(笑)


あまりもったいぶるほど大した話じゃないのに、ずいぶんと間があいてしまいました。




ドアの隙間を埋めるクッション材、ありますよね。

ホームセンターで売っているやつ。

ドアの閉まる時の音を和らげる、スポンジとかフェルト生地のアレです。

それが寒さ対策に効くらしいのです。



IMG_4349.jpg

寒い時は洗濯機の中で丸まって寝るのもアリですが、、




とある町家に住んでいるお客さんが、建具にそれを貼ったところ

寒さがずいぶんマシになった、という噂を聞いたのです。



ということで、さっそく我が家も試してみました。


つまりクッション材で、風が通る小さな隙間を

埋めてしまおう、というものですね。



じつは我が家、リビングと玄関の間の引き違い戸に、それを既につけていました。

目的はもちろん、静音のため。


レールの滑りが良いと、または逆にレールの滑りが悪くて力を込めて閉めると、

静かにしめたつもりでも、バーンという耳に響く固い音がしてしまうことがあって

気になっていました。


IMG_1296.jpg


つけていたクッション材は1mm以下の薄いタイプのものだったのですが、

4年も経つと、木材が収縮して、それでは埋めきれないほど

建具と枠の間に隙間ができていました。




まずはその薄い材を、ピリピリピリ、、、とはがす。



あッッッ!!!


IMG_1283.jpg



塗装がキレイに剥げてしまいました、、、。




仕方がない、、、上から貼るから良しとしよう。




元々の隙間が気になっていたので、今回は結構ぶ厚めのものを買ってきました。


よし、これなら隙間も埋まって完璧だ!!




じゃーーーん。




IMG_1290_201507160858415c6.jpg




、、、、、、、、、、、、。



ぶ厚すぎました。(大汗)



なんで私、こんなもの買ったんだろう、、、。 (これなら完璧!と思っていた自分が、意味が分からない。)





しかも、圧迫した状態でパッケージされていたためか、




上端と下端で、厚さが違うんですけど、、、

隙間が増えてるんですけど、、、。



クッション材には色々あります。



クッション的なモノでなくても隙間を埋めるような、たとえばこういったものとか。

これはドアの下部の隙間を埋めるモノなのですが、、、

引き込み戸の隙間を埋めるモノが見当たらなかったので、試しにつけてみました。


うぅーん。

全然長さが足りないですね。


IMG_1295_20150716085842a6d.jpg



とまぁ、我が家ではハプニングだらけだったのですが、

普通ならこれで、寒さが和らぐのだとか。



今回の教訓。

クッション材を買うときは、厚さが適当なものを選びましょう。




関連記事

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

NOSTA

Author:NOSTA
京都の不動産会社
株式会社八清のWEB担当です。

リノベーション物件
「nosta&zatta]
のプロジェクトチーム(そんな大層なものでもありませんが・・・)に所属しています。

このブログはnosta&zattaの設計物語の番外編です。
自宅を購入・リノベーションする様子をリアルタイムでご紹介していくことで、少しでも不動産購入を検討されている方の参考になれば、と思ってます。

最新記事
カテゴリ
カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。