スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
はじめての方は第1話からどうぞ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優先順位。

Category : 設計物語
はじめての方は第1話からどうぞ。

いいお天気の日曜日でしたね。



そろそろ衣替えの時期です。


夏物の一部をしまいかけて、

次夏物を出すときは、引っ越した後かぁ、

それならいっそ、夏物から引越し準備始めるか?

いや、まだ早いか。

と一人問答しながら1日を過ごしました。

リノベーション2



以前に、リビングが全部フローリングになったとチラリと書きましたが

そのお話を少し。


予算のない私は、お金のことが気になって

「でも、それやったらお金かかりますよね?」が

半分、口癖のようになっています。



が、「それは違う。」んだそうです。


まずは、やりたいことを決めて、

それに優劣をつけていくんだそうです。



これは絶対やりたい。

これは、できればやりたい。

これは、なくても我慢できる。

これは必要ない。




それから、限られた予算のかなで

そのやりたいことが、どこまで叶うのか

精査していくんだそうです。



これは、リノベーションの計画の当初から

スタッフの上村にも言われていたことです。

打ち合わせ段階でも、設計士の植松さんにも

同じように教えて頂きました。


リノベーション3



予算がなくても、夢を諦めないでもいいって

家に住む側にとっては、とても嬉しい話。



でも予算が厳しい中、夢を見るのはなかなか難しい。

お金のことが頭の中をチラリチラリとかすめます。




そんな状況の中、予算に支配されて自分でも気づかないような

心の奥底に埋もれていた、「やりたいこと」

(例えばキッチンの棚とか、縁側とか)を

引き出してくれた2人はすごい。



これで、私の家作りに対する夢が何倍に広がったか。

この考え方は、私にとってかなり衝撃的でした。




で、やりたいことがある程度決まり、

さぁ、予算を抑えるために、どこを削りましょう?

という段階で、選択したのが全フローリング化。

リノベーション1


大工さんの煩わしさを少しでも解消しましょうということで、

あそこは土間、ここはフローリングであっちは和室、というのを

なくして、全部同じフローリングにすることにしました。


要するに、土間や和室は「絶対やりたい」ことではなかったってこと。




でも、土間とリビング、和室の段差は解消せず、

段差によって空間を間仕切るような感じになります。




一番床の低い土間部分は、フローリングを敷くのですが

土足で出入りする土間のような使い方をする空間になります。


リノベーション4



費用を抑えるために極力建具の数を減らした結果、土間スペースが

リビングに取り込まれることに。


しかし土間は寒いと思われるため、

フローリングを敷くことにした、という展開です。





寒い寒いと言いすぎですか?

でも優先順位としては、私の中でかなり高いんですよ、

「寒くないこと」って。

諦めませんよ、これは。


関連記事

Comment

非公開コメント

プロフィール

NOSTA

Author:NOSTA
京都の不動産会社
株式会社八清のWEB担当です。

リノベーション物件
「nosta&zatta]
のプロジェクトチーム(そんな大層なものでもありませんが・・・)に所属しています。

このブログはnosta&zattaの設計物語の番外編です。
自宅を購入・リノベーションする様子をリアルタイムでご紹介していくことで、少しでも不動産購入を検討されている方の参考になれば、と思ってます。

最新記事
カテゴリ
カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。