スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
はじめての方は第1話からどうぞ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建具のその後。

Category : 設計物語
はじめての方は第1話からどうぞ。




バケツをひっくり返したような大雨。

でもこの時期の雨は、暑くもなく寒くもないので

いいですね。


私にとって、天候の基準は暑いか寒いか。



今日のお昼休みは、夏生まれの同僚と2人で

「もう夏が終わるねぇ。」

「冬はやだねぇ。」

「冬眠したいくらいだねぇ。」

「ほんとに生きた心地がしないよ、冬は。」

と、過ぎ行く夏についてしみじみ語りました。





さて。


前回「予算を抑えるため、建具を減らした」と

書きました。


ブログ読んで下さっている方の中には、

「倉庫で選んできた建具、どうなったのよ。」

と思った方もいらっしゃるかもしれません。



そう。

やっぱり使うのやめたんです。



あんなに真剣に選んだのに?

気に入ってたのに?



そう。

やっぱり、サイズ感が合わないみたいなんです。


女性 不動産購入6


この家は910㎜を基本として作られて

いるようなんですが、古い家では珍しいみたいです。


古家のサイズ



ね、サイズが910でしょう?


現代の家は、910㎜を基本として建てられていることが多いので

暮らす側の私にとって、サイズに違和感はないのですが、

古建具を使うとなると、全くサイズが合わない。




といっても古建具のサイズは、かなりまちまちなので、

他の古い家ならどの家にも合うかと言われると、

そうではないようなんですが、とにかく合わない。


(現代の家と同じサイズだから、

 逆に新しい普通の建具ならピッタリサイズなんですけど。)



はじめは「建具、作ってもらう?」という話だったんですが、

建具って結構、費用がかかるらしい。


ただでさえ作ってもらう建具が多いのに、

これ以上増やせないということで、


リノベーション1


「じゃぁ建具なくす?」
  ↓
「土間をリビングに一体化してみる?」
  ↓
「なら、フローリング張る?」
  ↓
「予算の削減にもなるし、全部フローリングにする?」


と言う流れでコトが決定した次第です。




そして 「リノベーションで叶えたい夢」 ランキングで

かなり上位にきている、キッチンの棚。


京都でリノベーション2



この、少しテイストとサイズが合わなくて心配していた建具を

造り付けてもらえることになりそうです!




仕様書ではこんな(↓)感じ。

ほぼ理想どおり!


古家のサイズ2



これは相当嬉しいです。

透明のデザインだから、中の棚を

ちゃんと考えなくては、なのです。


関連記事

Comment

非公開コメント

プロフィール

NOSTA

Author:NOSTA
京都の不動産会社
株式会社八清のWEB担当です。

リノベーション物件
「nosta&zatta]
のプロジェクトチーム(そんな大層なものでもありませんが・・・)に所属しています。

このブログはnosta&zattaの設計物語の番外編です。
自宅を購入・リノベーションする様子をリアルタイムでご紹介していくことで、少しでも不動産購入を検討されている方の参考になれば、と思ってます。

最新記事
カテゴリ
カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。