スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
はじめての方は第1話からどうぞ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不安になったら。

Category : 女性の不動産購入
はじめての方は第1話からどうぞ。

不動産を購入するとき、だれでも不安になることが

あると思うんです。



特に女性は、悩みと不安が尽きません。

私はそれほど深く悩むタイプでもなく

優柔不断なほうでもありません。



気に入った物件があれば、パッと買ちゃいそうだなと

自分で思っていました。が、結構悩みました。



その話をすこし。

何かの役に立てばいいのですが・・・。



過去に、欲しいなと思った家は、この家を含めて3軒。


1軒目はマンションでした。

その時は、特別、家が欲しいと思っていたわけでは

なかったのですが、窓から見える景色に惚れました。



あれは今でも忘れられません。

窓の外に広がる、一面の緑の絨毯。

まるで樹海が足元に広がっているような。

(記憶が美化されている部分もありますが・・・)

この家欲しい、と思いました。



緑の正体は、建仁寺の庭。

建仁寺の横に建っていたマンションだったのですが

部屋の所在階があまり高くないこともあって

見下ろすでもなく、見上げるでもなく

広大に広がった緑の上に暮らしているような気分。




お寺なので当然お墓もあるのですが、

かなり恐がりの私でも、

「お墓が見えてもいい。気にならない。」

と思うくらい。




不動産購入を本格的に考えていた今なら

間違いなく買っていたと思います。

でも結局、その時は憧れだけで終わりました。

いつか、こんな家買おうって。





2軒目は、戸建てでした。

1軒目から何年か経っていて、その時は

家が欲しいなぁと思っていた時期でした。

立地が良くて、スーパーも近くて、近隣の雰囲気も良くて

庭は小さいけれど、庭の代わりになりそうな

自分専用の通路がある家。

万一支払いに困ったときも相応の家賃で貸せそう、と思いました。




何の問題もないんです。

通路の奥でも明るいし、なんといっても町家だし。


でも真剣に購入を考えたとき、不安がよぎりました。




リノベーションどうするの?

私に本当にできるの?

お金いくらかかるの?

近所づきあい結構ありそう。

町内会とか、運動会も出なきゃダメ?

ちゃんと1人でやっていけるかな。





踏ん切りがつかず、結局他のお客様の元へ

旅立っていきました。

申し分のない物件。

当然、売れるのも早いです。






私思うんです。


不動産は「条件」でも「勢い」でもなく、

「出会い」です。

「運命」です。





私が、今この家を買えるのは

前の2軒があったこそです。


もし今、あなたが不動産購入で悩んでいることがあるなら

それは絶対、無駄じゃないです。




もし、上に書いたように、明確な不安があるなら

1つ1つ向き合ったほうがいいです。



ちょっと考えて、「それでもこの家好きだな」
と思ったら、それはGOサインです。


あんまり悩みすぎてもよくないです。

だって、それじゃぁ一生買えないですから!





リノベーション、私もできるかな、予算合うかな?

それなら、ハチセに相談してください。

解決できます。




町内会大丈夫かな、うまく付き合えるかな、どうかな。

本当に欲しい家なら、大丈夫!




女性の1人暮らし、大丈夫かな。

雨戸とか防犯ガラスとか、複雑な鍵をつけるとか

色々が対策あります。

日々気をつけることは、どこに住んでいても一緒です。




心配しなくても、大丈夫です。

だから、色々見て、悩んで、

気に入った家があったら絶対タイミングを逃さないで。





そして、これが一番言いたいところ。

「よし、買おう。」と決めた後でも、

ふと不安にかられることがあると思うんです。



周りの人の

「本当に買うの?」

「家買うんだってねぇー。すごいねぇー。」

「古い家やなー。」

という、なんでもない一言に、

両親の心配そうな顔に、

本当にこのまま進めていいのか

わからなくなることがきっとあります。



「本当に私、今家が必要?」

「まだ早いんじゃないの?」

「もっと1人前になってから?」





こんな疑問がわいてくることがあると思います。

でも、これって答えがないです。




自分のお金で好きなものを買うのだから
無駄に迷う必要はない
と思います。



ある程度悩んだのだから。

もう充分に検討したのだから。



自分に買える範囲のものを買うのだから

時期尚早でも何でもないです。

買える力があるんです。




もしそれでも、モヤモヤしているなら

「これは自己投資だ」

と思って下さい。



自分のための家。

自分が一歩先へ進むための買い物。



そして、「これは資産形成だ」と。





ご両親が、理解を示してくださらないのなら

ハチセの物件なら、担当が一緒にお話します。

リノベーションに不安があるなら、ご説明に伺います。




私は不動産という職場にいて、近くにたくさんの

プロがいて、温かい言葉をかけてくれて

力を貸してくれます。



なので、オープンハウスに来て下さったり、相談に

来社される女性のみなさんは、すごい勇気だと感心します。

1人で不動産屋の事務所に来るのは、どんなに不安か。



だから、いい家を見つけて欲しいです。

絶対、家買ってよかった、と言って欲しいです。


不安があれば、何でも相談してくださいね。

ハチセが一緒に、住まい作りのお手伝いをします!


関連記事

Comment

非公開コメント

プロフィール

NOSTA

Author:NOSTA
京都の不動産会社
株式会社八清のWEB担当です。

リノベーション物件
「nosta&zatta]
のプロジェクトチーム(そんな大層なものでもありませんが・・・)に所属しています。

このブログはnosta&zattaの設計物語の番外編です。
自宅を購入・リノベーションする様子をリアルタイムでご紹介していくことで、少しでも不動産購入を検討されている方の参考になれば、と思ってます。

最新記事
カテゴリ
カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。