スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
はじめての方は第1話からどうぞ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あらいぐま注意報。

Category : あらいぐま
はじめての方は第1話からどうぞ。



いるらしいんです。

アライグマ。



近隣に挨拶に回っていたところ、

「アライグマがあの家(我が家)の屋根に

ちょこんと座っていた」

「アライグマがあの家の庭の方に逃げていった」

という目撃情報がチラホラ寄せられたとか。




まさか、野生でアライグマ?

タヌキか何かの間違いでは?

本当にいるとしたら、すごいな、珍しいな。



そう安易に考えていましたが

会社に戻ってよく聞くと、

最近、アライグマによる文化財被害が

京都でちょっとした話題になっているとか。




意外に「困ったさん」なんだなと思っていたところに、

今日の京都新聞の夕刊を見て驚きました。

1面のトップに、アライグマ被害の記事が。



なんでも、上賀茂神社の重要文化財の屋根に

アライグマが住み着き、巣を作るために

穴を開けてしまったそう。




困った神社側が、新しい試みでトウガラシの

辛み成分を含むカプサイシンを混ぜた樹脂を

建物の屋根などに試験的に塗布したところ、

被害がおさまったという記事でした。




調べてみたところ、日本各地でアライグマの被害は

拡大しているそうで、もともとは北アメリカから

やってきた輸入種だそうですが、生態系を壊すだけでなく

農産物を食べたりゴミを荒らしたり・・・いろんな人を

困らせているようです。

人間の健康を害する病気を持っている可能性もあるそうで。




日本にはアライグマの天敵はいないため、また

雑食性で環境適応能力も強いため、

増え続ける一方なんだそうです。




でもアライグマも生きようと必死なんですよね。

困らせようとしてやっているわけではないんです。

でも深刻に、被害に困っている人がたくさんいることも事実。



動物の話は奥が深く、色々な意見や見解があり

皆さんそれぞれ意見をお持ちのことと思います。




間違いなく言えることは、ペットは責任を持って飼うこと。

そして被害を誘引するような行為はしないこと、でしょうか。




私も引っ越した後は、ゴミ出しなどに気をつけたいと思います。



不動産購入に限らず、新しいことをするときには

想像もしなかったことにぶつかりますね。


今回は、まさかの「アライグマについて」のお話でした。







関連記事

Comment

非公開コメント

プロフィール

NOSTA

Author:NOSTA
京都の不動産会社
株式会社八清のWEB担当です。

リノベーション物件
「nosta&zatta]
のプロジェクトチーム(そんな大層なものでもありませんが・・・)に所属しています。

このブログはnosta&zattaの設計物語の番外編です。
自宅を購入・リノベーションする様子をリアルタイムでご紹介していくことで、少しでも不動産購入を検討されている方の参考になれば、と思ってます。

最新記事
カテゴリ
カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。