スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
はじめての方は第1話からどうぞ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

床の塗装。

Category : そのほか
はじめての方は第1話からどうぞ。



今日はたぶん、役に立つお話です。

床の塗装の話です。


我が家の床は、ずべて杉の無垢材です。

材そのままです。何も塗っていません。


階段(3)



施工後、「何か塗るの?」と、何人かの人に聞かれました。

当時私は、フロアに何か塗るのは、色の問題だけだと思っていました。

思った以上に、杉材の優しい肌触りと色味が気に入ってましたし、

何も塗らなくてもいいのでは?

なぜみんな、塗る話をしてくるんだろう?と思っていました。




その質問をぶつけると

「だって汚れるよ?何か塗ったほうがいいよ」とアドバイスを受けました。

「ふうーん、じゃぁ塗った方がいいんだな。」と思いながらも

なんだかしっくりきませんでした。



だって色の話だけなら、汚れてから塗るほうが素直なのでは?

しかも、塗っても汚れるのは一緒なのでは?




違います。

気づきました。(昨日。)


無塗装の床は、水でさえもシミになる。

でも、塗装された洗面台は、シミになってない!!!


洗面(2)



塗装は色を付けるだけでなく、

シミや汚れから守る意味があったんですねぇ。

(塗料にもよると思いますが。)


で、塗装の目的がなんたるかもわからないまま、買い集めた塗料。

(目的は塗りながら気づいた。←遅い)

ひとまず、なんだか聞いたことのある塗料を買ってみました。

8_20110505225514.jpg

ワトコオイル。

オイルフィニッシュと書いてあります。

家具関係でよく耳にしますね、オイルフィニッシュ。

リノベーションでもたまに聞きます。「ワトコオイル拭き取り」。

色はなんだかよくわからないので、無難に「ナチュラル」。

屋内木部用(床含む)と書いてあるので、問題なしと勝手に判断。



1_20110505223010.jpg

オスモカラー。

自然素材でできた塗料です。この世界では(?)有名です。

洗面台もオスモのウッドワックスだったと思います。

色は、建具の塗装の相談をしたときにアドバイスを受けた「バーチ」色。

このとき床の塗装と混同してしまっていて、本当は小さくていいのに

大きめサイズを買ってしまいました。


結局床もこの色に塗ることに。

というより、これも塗りながら

「おや?この色…おや?合ってる?…いや、合ってない。」

という感じで気づきました。(遅い。)



実際塗ったらどんなになったか、それは次回に。

関連記事

Comment

非公開コメント

プロフィール

NOSTA

Author:NOSTA
京都の不動産会社
株式会社八清のWEB担当です。

リノベーション物件
「nosta&zatta]
のプロジェクトチーム(そんな大層なものでもありませんが・・・)に所属しています。

このブログはnosta&zattaの設計物語の番外編です。
自宅を購入・リノベーションする様子をリアルタイムでご紹介していくことで、少しでも不動産購入を検討されている方の参考になれば、と思ってます。

最新記事
カテゴリ
カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。