スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
はじめての方は第1話からどうぞ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワトコオイル。

Category : そのほか
はじめての方は第1話からどうぞ。

オイルフィニッシュの話。


「なんだか聞いたことがあるぞ?」という程度の知識で

ワトコオイルを購入しました。


なぜ突然ワトコオイルだったかというと。

1.オスモカラーより安い

2.ホームセンターに売ってた (オスモカラーはあんまり売ってない)

3.聞いたことある (床とか柱に塗る塗料として間違ってなさそうな気がした)

5.室内木部用(床を含む)と書いてあった (やっぱりね、と思った)

4.ツヤ消しと書いてあった (おおお、ピッタリ、と思った)


8_20110505225514.jpg


赤い缶がいかにもイギリス生まれっぽいです。(イギリス製なんだそうです)



用意するのはハケ。

何も記載がないので、油性用を用意。

油だからな、きっと油性だろう。ということです。


色はナチュラル。

2_20110511233843.jpg

ペンキと違ってあまりにスムーズに塗れるので、楽しくてつい、

塗っているところを撮影するのを忘れてしまいました。

上が塗った板、下が塗る前の板です。

「塗れた感じに仕上がります」とありますが、まさにそんな感じ。

木はしっとり、木目ハッキリ。

気持ちがいいくらい、すごくサラサラ~っと塗れます。

4_20110511233843.jpg

土間代わりに使用している土足部分なので、少し汚れていますが

完成形はこんな風です。

「塗りムラなども出ません」と書いてありますが、本当に簡単にキレイに塗れます。


1度塗りして、数十分置いてから乾いた布でふき取ります。

そのあともう1回塗って、ふき取ります。

作業工程は以上です。短い時間でできます。


1_20110518223554.jpg
これは塗る前の杉の床。


3_20110511233843.jpg

これは塗った後です。

ツヤ消しとは言えど、油なので光に当たると少しツヤが出ます。


効果としては、木部の「反りや割れ」の防止。

油がしっとり木部に浸透するので、反りや割れが防げる、というものだと思います。



防水性はあまり望めないそうです。

それよりも、木の雰囲気や木目の美しさを味わいたい人にオススメなんだとか。

(WEBで得た知識ですが。)



5_20110511233843.jpg

余ったので家具に塗ってみました。

家具用とは書いてなかったですが、室内木部には変わりない。(勝手な解釈)

インターネットで購入した棚。

「ノスタっぽいねー」と意外にも評判がよかった棚ですが

乾いた感じがちょっと気になっていました。

6_20110511233843.jpg

塗った後です。

全く別人のような姿に。


ナチュラル色といっても、ほとんど透明のようです。



しかし防水性がないのだったら、床に塗った意味があまりなかった気が。

(私が求めていたのは防水性だったので。)



でも色艶はとってもキレイです。

ちょっとの時間で手軽に塗れますし、金額もリーズナブル。


大き目のホームセンターならだいたい手に入ると思うので、気になる方はお試しあれ。

関連記事

Comment

非公開コメント

プロフィール

NOSTA

Author:NOSTA
京都の不動産会社
株式会社八清のWEB担当です。

リノベーション物件
「nosta&zatta]
のプロジェクトチーム(そんな大層なものでもありませんが・・・)に所属しています。

このブログはnosta&zattaの設計物語の番外編です。
自宅を購入・リノベーションする様子をリアルタイムでご紹介していくことで、少しでも不動産購入を検討されている方の参考になれば、と思ってます。

最新記事
カテゴリ
カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。